1. >
  2. 片手で読めて場所もとらない電子書籍は便利!

片手で読めて場所もとらない電子書籍は便利!

断捨離が流行って、部屋で場所を取っている本を大量に捨てて以来、本は極力電子書籍で購入しています。

子供が産まれてからはますます重宝しています。

寝かしつけの後、添い寝をしながら暗い部屋で電子書籍を読めるし、抱っこしながら片手で読めるし、子供の着替えやオムツなどで荷物が重くても本をリュックに入れずに済んだりとかなり重宝しています。

本棚だらけで家が狭くなっている実母や妹にも、電子書籍を勧めようと思うくらいです。

画面をスライドして見る本は画期的!

先日美容室へ行った時に電子書籍を利用させていただきました。

普段読む雑誌がiPadでスラスラとスライドさせて読めることにとても画期的でよかったです。

また画面で見るので雑誌ではできないことをアップにして見たりできるので細かい部分が見れることにもすごく感動しました。

漫画なども読ませていただいたのですが、本で見るよりもアニメ感覚で見れるのでアニメ好きな私としては面白かったです。

片手でスライドさせて見れるので何かをしながら見たりできるのもいいなと思いました。

電子書籍は本より読みやすい!

本を長時間読むのは苦手でしたが、電子書籍を利用すると長時間の読書も全然苦になりませんでした。

本と電子の違いはページをめくるか指をスライドさせるかの違い程度だと思います。

個人的に本を読むのは片手では難しく、寝転がって読むには手が疲れるので苦になっていたのだと思います。

電子書籍だと片手で操作できますし、常日頃からやっているメールのやりとりのときと同じように文字を読めばよいだけですからそれは苦になりませんよね。

現代化してきているこの環境から考えると本の需要が減ってしまうのは仕方ないことなのではないかと思います。

スマホでマンガは楽しい!

電子書籍が出始めた頃、「利用する人はごく一部だろう」とタカをくくっていましたが、スマホで手軽に読める便利さに気付いてから、とにかくお世話になってます。

私の場合は、マンガ!単行本で読むという固定概念がつい最近までありましたが、スマホで読み始めたらもう戻れません。

長編マンガでも、スマホ一つで全巻持ち歩けますし、好きな時間に好きなだけ読めるのは本当に画期的。

一方で、時間を忘れてどんどん読んでしまい、何も手につかなくなるというデメリットはありますが。